サイズ: 特大            特小

 

『中国の移植犯罪 国家による臓器狩り』

 

666

内容紹介
6カ国12人の医師等が綿密な調査に基づいて告発!
2000-08年 無実の囚人6万5000人を臓器収奪のために殺害。臓器狩り対象は、監禁した法輪功学習者ら約百二十万人(2000-2008年の推定値)。
弾圧の構図=江沢民→薄熙来→王立軍
共産党党首・江沢民が1999年、法輪功を禁止。短期間に学習者が7000万人に達する勢いに脅威を覚えたため。
最近、汚職で無期懲役刑となった薄熙来は、法輪功迫害の残虐な指導者として知られる。
薄の部下・王立軍は、注射により処刑者が死亡する前に臓器を摘出できるよう研究。光華科学技術基金の貢献賞を受賞。
生体臓器バンクの大半を占めているのは法輪功学習者である。

 

購入方法: amazon-buy-button

 

 

 

 

 






関連記事


書籍 『かつてなき邪悪な迫害 -人類の善性を滅ぼすもの-』 
           (2016年12月2日出版予定)
書籍 『中国臓器狩り』
資料 中国の臓器狩りの現状
資料 中国共産党政府が行う強制的臓器摘出と世界的反響
資料 中共による臓器狩りに対する国際的注目の最新動き (2011.06 ~2013.1)