サイズ: 特大            特小

 

『かつてなき邪悪な迫害  人類の善性を滅ぼすもの』

 
 
book2

 
 
 

前書き
 
 2010年ノーベル平和賞候補者、カナダの人権弁護士デービッド・マタス氏(David Matas)と米国「臓器の強制摘出に反対する医師団(DAFOH)」主席トルステン・トレイ氏(Dr. Torsten Trey)が共同で編集した『中国の移植犯罪 国家による臓器狩り』が2012年に出版された後、世界各地の医学界、法曹界、政界からの支持を得た。人々は驚きとともに臓器狩りに関心を持ち始め、全世界で臓器狩りの実情を暴くシンポジウム、公聴会などを開催している。中国本土の民衆は、危険を冒して臓器狩りを停止させるための署名活動を国内で行っている。しかし、中国共産党による臓器狩りは今なお続いている。
 
 臓器狩りはなぜ止まないのか。その根本的な原因は、中国共産党が法輪功学習者に対するジェノサイドを止めないことにある。中国の法輪功学習者は最も大きな臓器供給源となり、臓器狩りの主な被害者となっている。法輪功への迫害が停止しないかぎり、臓器狩りも終わることはない。
 
 ゆえに、トルステン博士は法輪功の人権活動家・朱婉琪弁護士と共に臓器狩りの根源を探る本、『法輪功に対する迫害』を編集した。2人の編集者は、長期にわたり法輪功が受けている迫害に関心を持つ世界各地の学者、議員、弁護士、医師、人権活動家を集めた。そして、政治、社会、経済、医学、法律、マスコミ、文化などの角度から、江沢民元国家主席が引き起こした法輪功への迫害が21世紀の人類に与えた影響について分析した。
 
 ヨーロッパ、アメリカ、アジアの19人の論述を通じて、法輪功への迫害は法輪功学習者のみにとどまらず、剥奪されたのは1億人にもおよぶ法輪功学習者の基本的人権だけではないことが分かるだろう。この迫害の実行、持続、拡大は人類の良知と善良な本性をひどく毒害し、人類の道徳を崩壊させ、想像以上に全人類に深刻な影響を及ぼしている。世の中のすべての人が、実質的にこのかつてない邪悪な迫害に巻き込まれていると言えるだろう。
 
 この本のタイトルを「未曾有の邪悪な迫害」としたのも、21世紀の最も沈痛な人権災難を終結させるよう、人類の良知を呼び戻したいことにある。

 
 
内容の紹介

各国の政府が関心を寄せる大規模な迫害

book2
 中国共産党は1989年に国内の民主化運動を弾圧した後、20世紀の末から今日まで、再び国民の精神的信仰を絶滅させる弾圧を巻き起こしており、その規模の大きさは人類史上かつてない。被害を受けている人数は1億人を超え、残酷な拷問や虐殺の手段は数十種類におよび、その残酷さは国内外を驚かせた。国連人権理事会、アムネスティ・インターナショナルなどの人権組織は15年にわたって迫害の実例を収集し整理している。欧米各国の政府と国会で、中国共産党の暴行を非難する声が年々高まると同時に、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの多くの著名な中国問題研究家、政治家、経済学者、人権弁護士、医師、メディア関係者、文化人がそれぞれ政治、経済、社会、文化、法律学、医学、メディアの角度から、中国本土で起きているこの残酷な迫害が全人類にもたらした深刻な影響を全面的に分析した。

 
 

執筆者の紹介

本書の特色

★直接手にした資料:作者ら自らが直接参加した調査、観察、活動、訴訟など。
★客観的な分析と論述:宣伝物、雑誌、ニュース報道、短評などとは異なる。
★グローバル、多様性::専門分野、民族、文化背景が異なる多くの学者、専門家らが法輪功に対する大規模な迫害の実情を探る。
★直面中共迫害中的尖銳議題:邪教、政治運動、臓器狩りのため強制収容所。
 
 

推薦人

尤美女 (立法委員)

王展星 (台北弁護士同業組合新進弁護士委員会 主任委員、人権委員会委員)

古金男 (台湾高等裁判所台中支所 元裁判長)

田秋菫 (立法委員)

邱晃泉 (台湾人権促進会 元会長、台湾国際法学会 元会長)

林煌坤 (作詞家、監督)

胡元輝 (台湾優良ニュース発展協会 理事長、卓越報道賞協会 元理事長)

高為邦 (台湾中国投資被害者協会 理事長)

張武修 (台北医科大学公共衛生学部 教授、厚生省台北病院 顧問、アジア太平洋健康知能協会 事務総長)

​​張嘉訓 (中華民国医師同業組合連合会 常務理事、新北市医師同業組合 元理事長)

陳栄基 (蓮の花基金会 理事長、台湾大学付属医院 元副院長)

黄嵩立 (陽明大学医学部 副学部長、人権公約実施監督連盟 召集人)

管中祥 (公民行動記録メディア庫 庫長)

魏千峰 (台湾関懐中国人権連盟 理事)

 
 
 
 
 
 






関連記事


書籍 『中国臓器狩り』
書籍 『中国の移植犯罪 国家による臓器狩り』
資料 中国の臓器狩りの現状
資料 中国共産党政府が行う強制的臓器摘出と世界的反響
資料 中共による臓器狩りに対する国際的注目の最新動き (2011.06 ~2013.1)